« October 2012 | Main | January 2013 »

December 2012

December 16, 2012

雪の投票日

005


009


師走に入って札幌は雪が降り続いています。

今日、衆院投票日も積雪数10センチの中を1票を投じてきましたが午前中の出足は鈍いようで投票率は低くなると思われます。

12日間にわたる選挙戦では自民党が圧倒的な支持をえているという世論調査です。

与党民主党の政治姿勢の鈍感さが短期間のうちに見限られたということ、経験不足で地に足が着いていないような党の基盤が弱かったのではないかと思います。

今回の特徴は第三極、第四極の新しい小党の乱立で政治を変革しょうとするグループです。国民の方では難しい選択になったと思われます。

こちらを立てれば、あちらが立たずと悩みましたが、メディアが各党の主張比較をわかりやすく図表で解説してくれたので助かりました。

つまるところは前述のとおり三年余りで保守回帰というところか?最も安定基盤のある政党を選ぶということになるのでしょう。

第三極以下の新しい若い政治家を望んでいても所詮素人集団と思われて心許ない。やはり経験の深い既成政党の中で揉まれ育てられた若い政治家が望ましいと思うではないでしょうか。

当面の政治課題は景気、外交、社会保障、雇用、子育て・・・と山積するが、特記するところは憲法と原発問題が近々に論議される課題である。

今回の選挙結果が保守党に逆戻りしても、また二度目の首相返り咲きにしても、失われた20年と云わせないよう国民が安心できる政権運営を望みます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | January 2013 »