« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 31, 2006

白老の温泉別荘地

北海道白老は温泉が豊富に湧出する土地柄古くから著名な温泉保養地がある。温泉権利付宅地の分譲も町おこしの振興策として推進されてきた。
私も定年後にここに移住しようと考えて、今より13年前に温泉付住宅を建てたがまだ定住に至っていない。
現在は札幌に住んでいて何かにつけこの上ない便利さが素直に田舎暮らしを決断させないでいる。
山と海の自然、新鮮な空気の良さと逆に多様な文化の恩恵に浴する機会の少ない事実を天秤にかけいまだに躊躇している。したがって月に1,2度行く別荘にしている。

Dscn1350
Dscn1351
別荘団地内のアメリカンハウス群、ここも14,5年前に売り出された。各戸の境が完全にオープンになっており、配管配線が地中埋設になっている。

Dscn1352
Dscn1357
こんな南欧風の瀟洒な家や、和風庭園に凝った家がある。

Dscn1355
Dscn1356
これは舛添要一さんの別荘です。来られたときは後援会の方が大勢集まってガーデンパーティが開かれます。

Dscn1354
Dscn1075
Dscn1070
これが私の家と温泉とロックガーデンです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 20, 2006

四季の移ろい初夏

Dscn1345
Dscn1334
Dscn1341
さっぽろに初夏の訪れを告げるライラックまつりがはじまる。
この季節、北海道ではまだ天候不順で”リラ冷え”と呼ばれる時期で暖房が必要な日もある。今年はどうやらまつりの期間は天候が良いようだ。
ライラックの花はいま開きかけたばかりで大通り公園もまだ花の香りが少ないが、芝生はグリーンが映え花壇は春の草花で満開、噴水も勢い良く噴出している。
もう1週間も経てばライラックが満開になり、6月の上旬にはよさこいソーランまつりがはじまり、中旬には北海道神宮の祭典と続く、このころアカシヤの花も咲いて甘い香りが街全体に漂い本当の初夏が訪れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

四季の移ろい春その2

Dscn1321
Dscn1325
Dscn1330

札幌市の南東部に位置する平岡公園は梅林の名所。
昨日辺りから白梅が満開、紅梅が八分咲きというところ、きのう札幌のテレビ局がその模様を放映したので今日はウィークディなのに相当な人出になった。
昨日に続いて夏日となった札幌は一足飛びに初夏になったようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 14, 2006

四季の移ろい春

Dscn1301
Dscn1318
Dscn1305
Dscn1306

街中の公園や家の庭にようやく花が開き彩りがでてきた。春にもっとも早い草花はクロッカス、続いてスイセン、チュリップが咲く。花木はレンギョウの黄色、エゾムラサキツツジの紫、キタコブシの白、ユキヤナギの白と続くが公園の代表は何といってもエゾヤマサクラが早い。
ここ札幌の桜開花宣言は先週の7日であったが満開は昨日今日のようだ。そのうち待ったなしですべての草木が一斉に花を咲かせて最も良い季節が訪れる。
札幌の花はスズラン、木はライラックである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »