« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 21, 2006

春のような陽気に誘われて

DSCN1240
DSCN1241
DSCN1247
DSCN1248
今日札幌も最高気温が7.7℃に上昇。春のような陽気に誘われて春の兆しを見つけようと真駒内公園を散策に出かけた。
天候は無風状態の快晴、全く4月中旬の暖気とおもえる、しかし公園内はまだ1メートルに近い積雪があり、地面や裸木の自然からは春の兆しは見つけられなかった。まだ春は遠い。
一転して只今、冬季オリンピックも後半戦に入る。健闘しながらもまだ日本にはメダルがない。その後半戦にメダル奪取をかけて応援したい気持ちが高ぶる。
その背景がここ真駒内公園の屋外競技場、1972年冬季札幌オリンピックが開催されたメイン会場であり、聖火台が今も金色に輝いて当時の日本勢の活躍がしのばれる。
トリノの後半戦の健闘を祈るばかり。
DSCN1246
DSCN1249
DSCN1244

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

札幌国際スキーマラソン

DSCN1228
DSCN1232
DSCN1238
第26回札幌国際スキーマラソンがさっぽろドームを発着点に近郊周辺の丘陵地で開催されました。
絶好の天候に恵まれて参加の皆さまにはさぞ好記録もでたことでしょう。またスキーの醍醐味を充分に楽しまれいい汗をかかれたことでしょう。
私もこの大会には下手ながら過去20回も参加しているベテランですが、昨春スキーで大腿骨を骨折しましたので今冬はスキーを休んでいます。
その代わり今回はボランティアとして運営のお手伝いに参加させていただき、楽しい雰囲気を味わいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

さっぽろ雪まつり

DSCN1211
DSCN1217
DSCN1223
第57回さっぽろ雪まつりが開かれています。
今年からは市内3会場のうち、昨年まで行なわれていた真駒内会場(自衛隊駐屯地内)がなくなり、代ってやや郊外に位置する”さとらんど”に移りました。メイン会場である大通り公園から離れており地下鉄を乗り継ぎシャトルバスで結ばれています。
これも昨今の自衛隊の縮小で以前のように自治体の観光イベントに全面的支援ができない事情からです。
そもそも自衛隊が雪まつりに協力するようになったのかというと、当初自衛隊の存在自体を市民に理解が得られるようにPRを兼ねてのことで一挙両得だったのです。
今年から全く自衛隊の協力がなくなったということでなく、培われた雪像造りのノウハウを市民団体に指導しています。また大通り会場の雪像つくりのための郊外からの雪運びや、自衛隊製作の大雪像も1基ありさすが機動力の賜です。
しかし今年の変わったところは、さとらんど新会場では早くから市民ボランティアが起ち上がり懸命にまつりを運営しています。また市民雪まつりの原点に回帰しようとの動きもあるようです。
先ずは雪まつりを観賞にお出かけください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »