« October 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 26, 2006

続 大寒の風景

DSCN1203
DSCN1204
厳しい寒さが続いています。”逆さつらら”がベランダの柵の高さを超えました。
今日も1日中断続的に吹雪いています。
今冬、いまのところ降雪量自体は大して多く降ったわけでもありませんが低温が続き全く融けず、ドカ雪はないのですが毎日5~10cm降る雪が積もるばかりです。
ところで札幌では軒から下がる”つらら”はあまり見られません。気温が氷点下の真冬日が続いていることと、建物の断熱が完璧で外に熱がもれず屋根の雪が全く融けない状態からです。その分大寒といえども家の中は常夏の気分(とはいえ昨今の地球環境問題に配慮して十分に慎んでおります)を満悦しています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 20, 2006

ベランダに見る大寒の風景

DSCN1192
DSCN1194
DSCN1196
DSCN1190

今日から大寒、我がマンションのベランダからもこんな厳寒の風景が見られる。
”逆さつらら”昨冬にも紹介したがベランダの床から上に伸びていく、今冬はちょっと寒さが増しているのでその時期が少し早いと思っている。現在1メートル近くになっていると思うが、立春までどのぐらい伸びるだろうか興味をそそる。その間に暖気が入ったり、強風でも吹けば折れてしまう。なぜ”さかさつらら”が出来るのか、興味のある人は昨年のバックナンバーを見て下さい。
札幌の今朝の遠景、連峰の山も大変厳しい姿でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | February 2006 »